最近は高性能な機種も増えて使いやすくなってきたWindowsタブレットですが、iPadと比べるとどうでしょうか?

Windowsタブレットなら、Windowsで動くソフトは基本的にはタブレットでも動くので、いつも仕事でWindowsパソコンを利用している方にとっては、使いやすいタブレットとなります。

但し、動作の快適性はタブレットのスペックにもよります。
ビジネスにも使う方は、価格の安さではなく、スペックに注目して選んでほしいと思います。
※タブレットはノートPCなどと異なり、購入後にカスタマイズすることが難しいため。

一方、iPadはどうでしょうか?
私は第2世代のiPadを今でも使い続けていますが、タッチパネルの反応や、アプリの動作などサクサク動くので、やっぱりよくできているなーと感じます。
インターネット閲覧やYOUTUBE等の動画視聴はとてもスムーズです。
ただし、仕事でWordやExcel、Powerpointなどを使う場合は、iPadでは閲覧はともかく編集はかなり難しいです。
※2014年末までに、Office For iPadが発売される予定です。2014/10/1、マイクロソフト発表より。
これが出ると、iPadで仕事も遊びもバリバリこなす、といった使い方もできるかも知れません。

ただし、端末選びに影響を与えるかはまだ未知数ですね。

普段Windowsパソコンを使われている方は、やっぱりタブレットもWindowsのほうが扱いが楽ですし、逆に普段MacやiPhoneに触れている方は、タブレットもiPadのほうが使いやすいです。

以前は操作性や快適性は圧倒的にiPadのほうが優れている、と感じていましたが、最近のWindowsタブレット(サーフェスやThinkPad)は操作性も増し、iPadと比べても遜色がなくなってきたと感じています。

ただし、iOSはFlashに対応する気はさっぱりなさそうなので、艦これ等のゲームに使われる方は、Windowsタブレット一択ですね。

使いやすいほうを選べばよいのですが、iPadは格安機種・激安機種等無い変わりに、どれを選んでも比較的サクサク動作します。

一方、Windowsタブレットは、Androidタブレットほどではないですが価格差があり、スペックにも大きな違いがあります。
自分の仕様用途に合わせて適切な機種を選ばないと、快適に使用することができません。

私の場合は、仕事でも使うならハイスペックなThinkPadやサーフェスプロをおすすめします。

当サイトでも激安タブレットから高機能モデルまで紹介しております。ぜひ製品選びの参考にしてください。