戦国武将の女体化というぶっとんだ設定で人気のブラウザゲーム「戦国プロヴィデンス」ですが、スマホで遊ぶことはできないのでしょうか?

→DMM公式サイトを確認しましたが、2016年5月時点ではパソコン版のみスマホ(iPhone/Android)用アプリはリリースされていません

でも、なんとか戦姫を連れて歩きたい。外出先で少しでも戦プロをプレイして、天下統一に近づきたい!

→Windowsタブレットという手があります。

※戦国プロヴィデンスはパソコンのブラウザ上(インターネットエクスプローラーやgoogleクロームのこと)で動くゲームですが、このブラウザ上で動くために必要な機能を「Flash」といいます。Android OSやiOSはこのFlashに対応していないためゲームが動かないのですが、Windowsタブレットは対応しています!

DMMのブラウザゲームに使用できるおすすめタブレットはこちら 

マウスコンピューター WN802

価格:24,089円(税込・送料込) ※2016/5/7時点のAmazon価格

DMMの他ゲームですが、同じくパソコンのブラウザ上で動く「艦隊コレクション」で動作を検証済みです。 

おすすめタブレットでのゲーム動作

かなりサクサク動きます。パソコンでの操作と違和感なしです!
まずは検証動画をご覧ください!

※撮影ヘタですみません。携帯で撮影した動画となり、実際のタブレット画面はもっとキレイです。

使用タブレット WN801V2
メーカー マウスコンピューター製
画面サイズ 8インチ
重さ 約370g
OS Windows 8.1 with Bing
CPU Atom Z3735F
ストレージ 32GB
メモリ 2GB
使用ブラウザ Internet Explorer
通信 自宅の無線LANへ接続
撮影機材 iPhone5C

標準的なスペックのタブレットですが、軽くて持ちやすいです。また、価格も比較的安いので、コスパに優れた8インチWindowsタブレットです。

「艦これ」も快適に動作しました。動画でも戦闘画面への切り替えや、戦闘中の描画がスムーズだったことを確認いただけると思います。PCでゲームしているのとさほど違和感もなく、普通に艦コレを遊べました。

また、艦これだけでなく、刀剣乱舞や戦国プロヴィデンスも遊べました。

動画で画面が不鮮明に見えたのは私が撮影がヘタなせいです。実際、タブレットに映る艦これのゲーム画面はかなりキレイです。
画面を写真でご確認ください。

IMG_3288

戦国プロヴィデンスをタブレットで動かしてみた感想

画面

8インチの画面サイズですが、戦プロをやるには充分な大きさでした。横向き表示ならパソコンでみるのとほとんど差を感じません。また、縦向き表示でも充分に遊べる大きさです。8インチなら片手持ちもできるので、電車の中など、通勤途中でも戦プロを楽しめると思います。
表示は鮮明で、文字つぶれ等もありません。

通信

今回は私の自宅にあるバッファローの無線LANルーターへWi-Fi接続し、ゲームをプレイしました。通信環境は良好でしたので、タブレット側でデータの送受信が遅れたり、表示が遅れたりすることもありませんでした。
きちんとした通信環境さえ用意すれば、戦プロをサクサク動かせます。

ネット接続はどうする?

→外出先のWi-Fi接続を確保!【BroadWiMAX】業界最安値2,856円!

操作感

パソコンでのマウス操作とは違い、タッチパネルでのゲーム操作となりますが、タッチへの反応も良好、スムーズに操作できます。これなら艦これ以外のゲームでも問題なさそうです。

戦国プロヴィデンス用のタブレットを探している方、戦姫と一緒に出かけたい方には、サクサク動く「WN802」がおすすめです。

Windowsタブレットでどこでも戦プロ。ガンガン出陣して、周囲と差をつけちゃいましょう!

興味をもたれた方は、ぜひチェックをしてみて下さい。

 

価格:24,089円(税込・送料込) ※2016/5/7時点のAmazon価格