Microsoftやレノボ、DELLなどの海外メーカーが目立つタブレット市場ですが、やっぱり国内メーカーのほうが良い、という方もいると思います。

10インチWindowsタブレットでは、東芝が【dynabook Tab S50】を発売しています。

dynabook Tab S50/W8M ※キーボードカバー付き

東芝 【3年保証】dynabook Tab S50/W8M 東芝Webオリジナルモデル (Windows 8.1/Office Home and Business 2013/タッチパネル付10.1型/3年保証/Bluetooth/サテンゴールド) PS50-W8MNXGW3

新品価格
¥72,360から
(2014/10/23 17:41時点)


※東芝ダイレクト価格:税込83,700円

10.1型の見やすい画面と、付属のキーボードカバーで文字入力もガンガン打てるモデルです。
WEBカメラ搭載なので、Skypeなどのビデオ通話や、W8M・W6M搭載のVideoStudioでビデオ編集などにも使うことができます。

また、ホワイトボードを撮影してデータ化するソフトや、データ移行をサポートするPC引越しナビなど、標準搭載のソフトウェア類は国産メーカーらしい充実ぶりです。

仕様

OS Windows 8.1 with Bing 32 ビット
CPU インテル® Atom™ Z3735F プロセッサー
動作周波数 1.33GHz(インテル®バースト・テクノロジー 対応:最大1.83GHz)
Officeソフト Office Home and Business 2013
メモリ 2GB DDR3L-1333 対応 SDRAM
ディスプレイ

タッチパネル付き 10.1型ワイド WXGA TFTカラー LED液晶

(広視野角/省電力LEDバックライト)1,280×800ドット

グラフィック インテル® HD グラフィックス
ストレージ 64GBフラッシュメモリ ストレージ
通信 無線LAN IEEE802.11b/g/n準拠
外寸 約258.8mm(幅)×175.0mm(奥行)×9.0mm(厚さ)
質量

約555g(本体(バッテリーパック内蔵)のみ)

Bluetooth® キーボード装着時:
約995g(本体(バッテリーパック内蔵)とBluetooth® キーボードのみ)

他にも、キーボードなしのW6Mや、ストレージ容量のすくないW3Mといった機種も同モデルのラインナップとして販売されています。

Microsoft Office Home and Business(Word・Excelだけでなくパワーポイントも含まれるパッケージ)付きの、10型タブレットを選ばれる方は、仕事にも使いたい方が多いかと思いますので、その場合は、純正キーボードの付属する「dynabook S50/W8M」をおすすめします。
また、東芝直販サイトの価格とアマゾンを比較すると、2014/10/23現在ではアマゾン価格のほうが安いので、上部の商品リンクはAmazonをご紹介しております。

東芝のサイトも確認されたい場合は、
東芝ダイレクト】をチェックしてみて下さい。