キーボード付きのWindowsタブレットなら、キーボードドック標準装備の「Lenovo MIIX 3」がおすすめです。

Lenovo MIIX 3

[主な仕様]※直販モデル 80HV0055JP
OS:Windows8.1 Update 32bit
CPU:インテル Atom プロセッサー Z3735F( 1.33GHz 1333MHz 2MB)
画面:10.1″ IPS LEDバックライト マルチタッチ対応 1920×1200
ストレージ:64 GB 
メモリ :2GB

バッテリー:約7.7時間
サイズ:256.8×172.1×9.3mm(タブレッド本体) / 261.1×189.5x(9-19)mm(キーボードドック装着時)
重量:約0.549kg(タブレッド本体) / 約 1.049kg(キーボードドック装着時)

価格:56,834円(税込)~ ※2015/7/7時点の価格

MIIX 3の特徴

ファーストインプレッション

はじめからキーボード付きのタブレットで、よくある「キーボードがカバーになるタイプ」ではありません!注意が必要です。キーボードはカバータイプよりもシッカリした「キーボードドック」。これに画面(タブレット)を装着することで、ノートパソコンとして使う『ラップトップモード』と、ドックをスタンドとして使う『スタンドモード』へと切り替えることができます。もちろん画面を取り外して『タブレット』として使用することもできます。

画面

10インチサイズの画面です。解像度も高く(1920*1200)、キレイな画面です。

軽量

画面(タブレット)部分は549gと、10インチサイズのタブレットとしてはやや重いです。キーボードドック装着時の重さは約1.049g。カバーになるタイプのキーボードではないので、持ち歩くなら割り切ってタブレットだけを持ち歩いた方が良さそうです。

キーボードドック

カバータイプのペラペラなキーボードと異なり、しっかりした作りで入力もしやすいです。キーピッチ(キーとキーの間)も広く取ってあり、押し間違いも防ぎます。キーボードドック側にUSB2.0端子が2口用意されています。

MicroSDカードスロット

microSDカードスロットを搭載、これにより保存領域の拡張が可能です。

見やすいIPS液晶

10.1型の液晶に、高画質で178度の広い視野角を持つIPS液晶を採用しています。

Microsoft Office 標準装備

Office Home and Business が標準装備なので、「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」「Outlook」が初めから使えます。これならビジネス・仕事の利用にもバッチリです!

インターフェイス

インターフェースはタブレット側にマイクロUSB2.0、マイクロHDMI、マイクロSDカードスロット。キーボードドック側には左右にひとつずつフルサイズのUSB2.0を備える。

自宅ではドックに装着してノートパソコンとして使用したり、スタンドを使って手軽に動画観賞ができ、外出先では純粋なタブレットとして使用できます。

家の中と外でハッキリと使用用途が分かれる方におすすめのタブレットです。はじめからOffice付属なので、仕事もバリバリ可能です。興味をもたれた方は

Lenovo MIIX 3 タブレット

 を一度チェックしてみてください。公式サイトなら送料無料!さらにクーポン利用で割引となります。